気ままな子育て日記

ただの日記です

RSウィルス

9月下旬…

けいちゃんはRSウィルスに侵されました

初めは痰が絡んで喉がゴロゴロ

少し咳が出始めたと思ったら

保育園から発熱のためお迎え要請

初めは咳と熱だったので

小児科で吸入と薬

2.3日で下がるだろうと楽観的

…咳はひどいし熱下がらず母焦る

だんだん悪化していく

熱がどんだけあっても食欲だけはあったけいちゃん

呼吸器をやられ

食べても吐いての繰り返し

熱は8度まで下がったと思ったら

2、3時間後には9度越え

ずっと寝てる

薬もヨーグルトに混ぜたら食べてたのに

断固拒否のため

少し水を加えて団子にしてから強制投与

 

小児科に連れて行き血液検査やRSウィルスの検査

「RSですね!まだピークではないと思うのであと2.3日は熱が下がらないと思います。ピークが過ぎてからは徐々によくなると思います」

薬は先生に相談してツロブテへ変更

ご飯は相変わらず食べず

ただでさえ小さいのにやっと出来た二重顎がなくなっていく…

一時的に熱が下がったら踊り出すけいちゃん

(けいちゃんは音楽が好きで踊ったり、カラオケではマイクを持たせたら離さないタイプ)

しかしまた熱があがりぐったり…

 

私はずっと仕事を休むことは出来ないためけいちゃんは実家へ

私の母とおばあちゃんが看病

後々、私の母はうつってダウン(ばあちゃんのほうが一緒にいるのに元気)

夫はけいちゃんの体調が悪くなると即うつるため

家でお留守番

1週間ほどプチ別居の甲斐があり夫無事

 

少しずつ回復

食欲はないものの熱は下がり小児科でも保育園登園許可おりた

1週間以上保育園を休んだけいちゃん

朝からイヤイヤモード全開

迎えに行ったら保育士さんから

「今日はずっと抱っこ抱っこでした」

家に帰ってからもずっとグズグズ

少しずつ食欲回復

…したと思ってバクバク食べたら吐いた

ここらへんでやっと母のメンタル回復

 

こうやっていろんなものもらって強く成長するんだろうけど

心から貰ってくるなと思う日々

 

期待と不安

今週から産休

妊娠後期で今1歳半になる男の子(けいちゃん)の子育て奮闘中

 

日記を書くきっかけはお腹の子

けいちゃんのときは悪阻もなく怖いくらいに順調だった

産まれてからも小さめではあるがスクスク育っている

今はお腹の子に嫉妬しているのか甘々ちゃん

生まれたらどうなることやら… 笑

 

今回の妊娠では悪阻などはあったが1人目のこともあり楽観的だった

……7ヶ月に入っても顔も性別も見せてくれない恥ずかしがり屋

7ヶ月終わり頃、検診の日程と夫の休みが合い今回の妊娠で初めて一緒に検診へ

なかなか終わらないエコー

私は夫も来ているから性別を判定してくれようと頑張っているのだと楽観的

長い沈黙のあと見せられた

膀胱の横にある同じぐらいの大きさの黒い影

困った顔の先生

楽観的な私でも不安がよぎる

膀胱はうまく機能しているから、おそらく卵巣が腫れてるのだろう…と

そしてその可能性が高いことから性別は女の子

経過を見るために来週も来てくださいと

命に関わることはなく心配しなくても大丈夫と言われても

「はいそうですか」と安心できるほど楽観的ではない

家に帰ってからはスマホで情報収集

何もしてあげられない自分

きつい…

夫も心配そう

「命に関わることないし、元気に産まれてくるよ!」

自分に言い聞かせるように夫を励ます

 

妊娠中、子育てなんて調べても結局は

『個人差があります』『生まれてみないとわかりません』などなど

不安取り除いてくれる言葉なんてない

『大丈夫』なんで気休め

言われても

『お前に何がわかるんだ』と心が荒むだけ

成長すれば解決することなんてたくさんあるだろう

いつかは『それぐらい大丈夫だよ、心配ないよ、神経質にならないほうがいいよ』

なんて言い始めるのだろう

でも今はこれが自分の気持ちで不安

たくさん悩んで泣いて笑っていたい

 

お母さんに何ができますか?