気ままな子育て日記

ただの日記です

期待と不安

今週から産休

妊娠後期で今1歳半になる男の子(けいちゃん)の子育て奮闘中

 

日記を書くきっかけはお腹の子

けいちゃんのときは悪阻もなく怖いくらいに順調だった

産まれてからも小さめではあるがスクスク育っている

今はお腹の子に嫉妬しているのか甘々ちゃん

生まれたらどうなることやら… 笑

 

今回の妊娠では悪阻などはあったが1人目のこともあり楽観的だった

……7ヶ月に入っても顔も性別も見せてくれない恥ずかしがり屋

7ヶ月終わり頃、検診の日程と夫の休みが合い今回の妊娠で初めて一緒に検診へ

なかなか終わらないエコー

私は夫も来ているから性別を判定してくれようと頑張っているのだと楽観的

長い沈黙のあと見せられた

膀胱の横にある同じぐらいの大きさの黒い影

困った顔の先生

楽観的な私でも不安がよぎる

膀胱はうまく機能しているから、おそらく卵巣が腫れてるのだろう…と

そしてその可能性が高いことから性別は女の子

経過を見るために来週も来てくださいと

命に関わることはなく心配しなくても大丈夫と言われても

「はいそうですか」と安心できるほど楽観的ではない

家に帰ってからはスマホで情報収集

何もしてあげられない自分

きつい…

夫も心配そう

「命に関わることないし、元気に産まれてくるよ!」

自分に言い聞かせるように夫を励ます

 

妊娠中、子育てなんて調べても結局は

『個人差があります』『生まれてみないとわかりません』などなど

不安取り除いてくれる言葉なんてない

『大丈夫』なんで気休め

言われても

『お前に何がわかるんだ』と心が荒むだけ

成長すれば解決することなんてたくさんあるだろう

いつかは『それぐらい大丈夫だよ、心配ないよ、神経質にならないほうがいいよ』

なんて言い始めるのだろう

でも今はこれが自分の気持ちで不安

たくさん悩んで泣いて笑っていたい

 

お母さんに何ができますか?